Kim Bergman医師

Kim Bergman医師

Kim Bergman医師は医師免許を持つ心理学者で、世界で最も大規模な代理母出産エージェンシーである、グローイングジェネレーションズの共同経営者の1名です。1990年代の初めから、第3者による補助的生殖医療を専門分野にしており、LGBT(女性同性愛者、男性同性愛者、性転換者、異性装同性愛者)の皆様が親になるという画期的な分野での専門家です。親になる事を希望している世界中の皆様の心理鑑定を提供し、複雑で特殊な補助的生殖医療においてお手伝いをしています。
Bergman医師はアメリカ生殖医療学会、アメリカ生殖医療協会、アメリカ心理学者協会、カリフォルニア州とロサンジェルス郡の心理学者協会、女性同性愛者・男性同性愛者の心理治療協会、男性同性愛者・女性同性愛者の医療協会の会員です。
Bergman医師は家族平等委員会の国民名誉退職委員です。家族設計の倫理的観念について、文献を出し、国際的にも公演や演説を行っています。「Gay Man Who Become Fathers via Surrogacy: The Transition to Parethood」「男性同性愛者が代理母出産で父親になる:親になることへの移り変わり」(GLBT家族研究機関紙、2010年4月号)の共同著者のひとりです。親になる事を希望する同性愛者はますます増えており、そのような皆様をさらに理解しヘルプができるよう、現在も多くの研究課題を進め知識を深めています。