Stuart Bell

Stuart Bell

Stuart Bell は、アメリカでもっと規模が大きい代理母出産と卵子提供エージェンシーである、グローイングジェネレーションズの共同経営者の1名です。グローイングジェネレーションズを始める前は、営利会社と非営利会社の両方で、10数年以上、上級管理職を務めました。同性愛者の権利を主張する文献を発表しており、過去20年以上にわたって、多くの出版物で紹介されています。彼は、1999年にAlyson出版社から出版された、回想録Prayer Warriorsの著者でもあります。2008年2月、彼と彼の夫は代理母出産と卵子提供により息子を授かっています。彼自身は提供者でもあり、地方・全国的な機関のボランティアをしており、現在、アメリカ生殖医療協会の名誉委員長も勤めています。テネシー州出身で、ミドルテネシー州立大学で情報学を学び、学士号を得ています。1992年以降、ロサンジェルスに在住しています。